脂肪吸引の安全性

吸引が安全な理由、だけど危険な訳

まず言っておきたいこと、それは脂肪吸引は安全であるということ。脂肪吸引はさまざまな美容外科手術の中でも非常に長い歴史がある手術であるということです。
脂肪吸引は術式も様変わりし、現在はウエットメソッドを中心とした脂肪吸引がスタンダードな方法で、極めて高い安全性が認められています。一般的には美容外科手術としての脂肪吸引しか知られてはいませんが、現在は再生医療の際に用いる幹細胞などの抽出に脂肪吸引は数多く行われています。
脂肪吸引を危険という認識は大きな誤りであることは知っておいて下さい。

脂肪吸引はどうして安全なのか?

脂肪吸引というのは、皮下脂肪を吸い取るだけの手術です。皮下脂肪は一定の量が失われても体に影響を及ぼすことはありません。そのため脂肪吸引で皮下脂肪を除去したとしても体に影響を及ぼす可能性は無いのです。なので脂肪吸引そのものは極めて高い安全な治療であるとお考えください。

脂肪吸引の何が問題なのか?

脂肪吸引の何が問題なのか? 何が危険なのか? これらについてご説明します。
脂肪吸引の問題というのは、すべて医師の技術的な問題、経験値の問題です。脂肪吸引で起こりうる、脂肪吸引によって引き起こされる問題はすべて患者さんの問題ではなく。クリニック側の問題です。未然に防ぐことはできるでしょうし、問題を引き起こさないような技術があれば脂肪吸引は何ら問題となるような危険な治療では無いのです。

脂肪吸引の合併症〜脂肪吸引における技術的トラブル〜
  • 出血
  • 感染
  • 左右非対称
  • 脂肪塞栓(肺塞栓)
  • 神経損傷
  • 皮膚のたるみ
  • 麻酔トラブル
  • 皮膚表面の凹凸
  • 色素沈着 など

脂肪吸引の合併症

『出血に関して』
出血に関しては術前に貧血の状態などを血液検査、レントゲン検査、心電図検査をふくめ事前に検査致します。軽度の貧血などがあるようであれば事前にお薬を処方するなどして適切に対処致します。
『脂肪塞栓・肺塞栓』
肺塞栓の原因の多くは下肢深部静脈血栓症に似ています。明確な原因は解明されていませんが、過剰な脂肪量の吸引、血流を停滞させないように対処する術後のケアや静脈内膜の損傷を防ぐための安全な医療用具を使用することで予防することもできますし、必要に応じて入院等で全身管理を徹底すれば対処することが可能です。
『薬剤のアレルギーについて』
麻酔薬など体質た体調の変化でアレルギー反応を引き起こしてしまうと、重篤な場合、非常に危険な状態に陥ることがあります。大切なのは対処と対策です。さまざまな症状に対する速やかな対処で防ぐことは十分可能です。当院は万一の際に応じてスタッフトレーニングも定期的に実施していますので安心して脂肪吸引を受けて頂けます。
『感染』

体の中に細菌等が侵入してしまうと感染を引き起こします。非常に少ないケースですが、引き起こすと非常に厄介なトラブルの一つです。使用する医療機材の衛生面だけではなく、手術室の環境が大きく影響します。当院の手術室はNASAの清浄度を標準とした国内唯一のクリーンルームを所有しています。手術室の清浄度は国内でトップクラスの設備を維持しています。

脂肪吸引における技術的トラブル

『表面の凹凸』
表面の凹凸は医師の技術レベルの問題です。当院では経験豊富な院長がすべて対応しますし、吸引に関してはすべて Criss-Cross Suctioin ですので凹凸になることはなくすべてをなだらかに整える技術を所有しています。また、ウエットメソッドでも注入量を大量に増やしたハイパーウエットメソッドを採用していますので表面の凹凸を引き起こすことはございません。
『左右非対象』
表面の凹凸と同様に技術の問題となります。当院では一人ひとりに十分な時間をかけ、薬剤の注入においても注入量、注入速度まですべてコンピューターによる制御システムで管理し、左右に差が出ることなく丁寧に吸引いたしますのでご安心下さい。
『色素沈着』
術後の炎症によって生じる皮膚の反応です。必要に応じてイオントフォレーシスや内服治療によって完治しますので特に心配する必要はないと思います。
『瘢痕』
吸引口の傷跡は左右にできてしまいますので“瘢痕”となってしまうと非常に気になると思います。当院ではスキンプロテクターの使用はもちろん、吸引後に創部をトリミングし最小限の傷跡にするよう常に行っています。

最後に

脂肪吸引にはさまざまな問題点やリスクがあります。しかし、手術・治療のリスクというのは脂肪吸引に限ったことではありません。脂肪吸引の問題点というのは十分防ぐことができる上、しっかりと対策をすれば引き起こすことはありません。問題は治療実績と医療設備であるということを忘れないで頂きたいのです。
クリニックによっては脂肪吸引は危険だから「脂肪溶解注射」をと推奨するクリニックもあるようですが、脂肪溶解注射は脂肪吸引に変わる治療では絶対にありません。部分痩せに関しては脂肪吸引に勝る治療法はありません。誰だって手術は怖いものです。だからこそ手軽さ重視の治療が一般受けするのですが、脂肪溶解注射と脂肪吸引を比べると費用面、効果、満足度の全てにおいて脂肪吸引が優っているのです。そういった正しい知識・認識を持つことがトラブル回避のポイントの一つです。
脂肪吸引は決して危険な治療ではありません。正しい治療法、整った設備基準、医師の経験と技術が整っていれば脂肪吸引は誰もが安全に、かつ満足できる結果を得ることができるのです。

関連情報

TOP