脂肪吸引の歴史

今から約30年前に海外で脂肪吸引が行われました。その当時は現在のような“Tumescent法”ではなく、止血剤や麻酔薬も少量で行う“Dry Method法”が主流でした。

Illouz医師による“Wet-Method”や、Fournier医師による“Dry-Method”での脂肪吸引は、手術中の出血などが非常に多く輸血を併用しながらの吸引術が行われていました。そのため、吸引量が非常に少なくなってしまい、当時では1500ml以上の吸引は推奨されていませんでした。

その後、Klein医師やFodor医師による皮下に大量の溶液を注入して吸引する“Tumescent法”と“Superwet法”において出血量を数パーセントまで下げることができ、1993年のKlein医師の報告では、現在と大差ない1%以下の出血量までで抑えることができるようになったのです。現在、日本国内にもそういった技術が継承されると同時に、薬剤や医療器具の進歩によって“Tumescent法”で行うのが一般的になっています。

このような歴史の中で開発された脂肪吸引ですから、実はオリジナルの方法というのはないのです。結果的に言えば手術の方法はどこのクリニックでも差はありません。しかし、差がないといってもあくまで方法や手順のことであって“適応の診断技術”や“吸引の技術レベル”は同じではなく、クリニックによって著しい差があるのです。

関連情報

TOP