脂肪吸引 - 太もも、大腿の脂肪吸引の手術詳細

脂肪吸引 総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
美しいボディースタイルを手に入れる脂肪吸引とは脂肪吸引以外の治療法について脂肪注入をお考えの方へメール相談
脂肪吸引のトップ > 各部位の治療 大腿部
脂肪吸引とは
 
脂肪吸引のできる場所 脂肪吸引の方法 脂肪吸引における麻酔 脂肪吸引の安全性 脂肪吸引の歴史
各部位の治療について  
頬・二重アゴ 二の腕 腹部 背部・ウエスト
お尻 大腿部 下腿部    

大腿部
方法

ビキニライン、ヒザの内側、お尻と太ももの移行部、ヒザの裏側などその方の吸引範囲に応じて数ミリ切開し、太もも全体にお薬を注入し、十分な止血と麻酔を行ってから Criss-Cross Suction 法で丁寧に吸引します。太ももはお尻やふくらはぎのバランスも大切ですが、より細く吸引することも満足度を得るうえで非常に重要なポイントになるため、そういったポイントにも十分配慮し、左右のバランスはもちろん、吸引量にも配慮して可能な限り吸引致します。

 
 
麻酔法  

範囲にもよりますが基本的には全身麻酔による吸引をお勧めします。仕上がりを重要視する場合、中途半端な麻酔では非常に危険なうえ、しっかりとした吸引が困難となります。そのため、確実な麻酔をかけて、可能な範囲を確実に吸引し、治療できる麻酔法をお勧めします。

 
 
術後の流れ    
3日後
7日後
1ヶ月後
3ヵ月後



圧迫除去
抜糸
検診
最終チェック
 
術後の注意事項

手術後1週間は常に、専用の圧迫ストッキングを装着していただきます。術後の腫れ・内出血・痛みを最小限にしていただくために当日は可能な限り入院していただき、独自の圧迫ドレナージ法にて処置致します。また、必要に応じて簡欠的エアー圧迫(intermittent pueumatic compression)療法を受けていただきます。

 
ダウンタイム

太ももの脂肪吸引はやはり痛みが問題になると思います。吸引範囲にもよりますが当院のように広範囲に吸引する場合はやはり痛みが全く無いということではありません。1 - 2日が痛みのピークで3 - 4日である程度は改善します。しかし、腫れや内出血などの問題から出来る限りお休みを取ることをお勧め致します。

 

太ももの脂肪吸引で最も多いトラブルは
1)変化が無い
2)皮膚が垂れている
3)凹凸がある   
4)左右差がある  これらはすべて技術的問題となります。

皮膚の下垂に関しては深い層の必要な脂肪まで全て吸引してしまった場合に起こすトラブルの場合が多く、皮膚の凹凸に関しては浅い部分の脂肪を過度に吸引してしまった場合に引き起こします。いずれも修正が非常に難しいトラブルになりますので適切な医師の下で治療を行うことが重要です。当院では経験豊富な院長がカウンセリングから手術まで全て担当いたしますのでカウンセリングでの内容と仕上がりの差がありません。

安全なリスクに関しては腫れや内出血などですが、これらはすべて時間の経過で改善します。まれに色素沈着を起こす場合もありますが内服やイオントフォレーシスなどですべて対応させていただきます。
皮膚表面の一時的なシビレに関しては内服やCET(高周波温熱療法)などで治療いたしますのでご安心下さい。

 
慶友形成クリニックの特徴

太ももの脂肪吸引はダイエットで痩せる部分ではありません。 EMS などを利用して引き締めたとしても満足のいく痩せまでは非常に難しいと思います。そういった意味で脂肪吸引は最高のボディプロポーションテクニックとなります。当院の仕上がりに対する満足度、アフターケアに対する満足度はどこよりも優れていますのでお気軽にお問合せ下さい。

 
 
費用はこちらをご覧になってください
大腿部(太もも)の脂肪吸引の相談はこちら

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報
 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.