脂肪吸引 - 二の腕の脂肪吸引の手術詳細

脂肪吸引 総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
美しいボディースタイルを手に入れる脂肪吸引とは脂肪吸引以外の治療法について脂肪注入をお考えの方へメール相談
 
脂肪吸引のトップ> 各部位の治療 二の腕
脂肪吸引とは
 
脂肪吸引のできる場所 脂肪吸引の方法 脂肪吸引における麻酔 脂肪吸引の安全性 脂肪吸引の歴史
各部位の治療について  
頬・二重アゴ 二の腕 腹部 背部・ウエスト
お尻 大腿部 下腿部    

二の腕
方法

ひじの部分のシワにそって数ミリ切開して、吸引します。当院では全周法ではなく上腕三頭筋に一致した上腕の後面を主に吸引します。まれにですが外側面に脂肪の蓄積を認める場合は吸引致します。

 
   
麻酔法  

局所麻酔もしくは静脈麻酔で行います。希望に応じて全身麻酔での治療も可能です。ご希望の応じて適切に対応いたしますのでお気軽にご相談下さい。

 
   
術後の流れ  
3日後
7日後
1ヶ月後
3ヵ月後



圧迫除去
抜糸
検診
最終チェック
 
 
術後の注意事項

手術後3 - 5日間は皮膚のたるみを生じないよう十分な圧迫を行います。その間は専用の包帯で圧迫しますので半袖の上着では包帯が露出してしまいます。そのため、衣服には注意が必要です。

 
ダウンタイム

手術後3 - 4日は腫れを生じます。包帯の影響もあり手背の部分に軽いむくみがでる場合がありますが、異常ではありませんので心配いりません。圧迫除去の後は普段の生活に支障はありませんが、場合によっては内出血を生じます。通常は5 - 6日で改善します。

 
安全なリスク&危険なリスク

傷に関しては関節に近く可動部ということもあり、場合によっては傷が目立つこともありますが、必要に応じて適切な処置をいたしますのでご安心下さい。二の腕に関しては皮膚表面の凹凸になる可能性は少なく、細くすることが可能です。しかし、手術前より著しい皮膚のたるみを生じている場合はさらに悪化することもありますので適応の判断が重要です。当院では診察の段階で適切に判断させていただきます。
安全なリスク(時間の経過で改善する問題)としては内出血、腫れ程度ですので心配いりません。

 
慶友形成クリニックの特徴

肘を90度曲げ二の腕を水平に保ち、反対側の手で二の腕の脂肪をつまみます。その状態で1.5センチ以上の厚みがあれば効果は確実に認めます。そのため治療に対する満足度は非常に優れています。

 
 
費用はこちらをご覧になってください
二の腕の脂肪吸引の相談はこちら

 

>>このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.